吉祥院について
歴史と沿革
濫觴(らんしょう)〜はじまり〜
 吉祥院のフルネームは、珍珠山・多聞寺・吉祥院です。その歴史をさかのぼると1470年(文明2年)には、すでに荒川(旧入間川)の清域に堂宇が建立されていました。それ以来、末寺十一カ寺を有し、鎮守には八幡社が勧請されています。
 この川沿いの寺へやって来たのが、現在の本町・錫杖寺を中興した宥鎮和尚でした。現在のご本尊を勧請するなど、境内を整備して、中興開山となり、錫杖寺の末寺となりました。
プロセス〜あゆみ〜
 1656年(明暦2年)に荒川の大氾濫により、吉祥院の堂宇すべてが濁流に押し流されましたが、仏縁のなせる業か、ご本尊は河口から発見されました。
 その後も、水害や消失の憂き目にしばしば遭遇しながらも、その度に、檀信徒の篤い信援に支えられて再興し、現在地へ移転されました。この再建時に提外へ移された八幡社は、昭和49年に氷川社を合祀して、現在の横曽根神社となっています。
 吉祥院伝来の「秀寛遺状四十九箇条」には、仏の教え(仏法)と檀信徒の加護を得る道が説かれています。こうした精神が、歴代の住職に脈々と受け継がれたので、過酷な運命からの復興が成ったと思われます。現在も、年間を通じて、さまざまな行事を催し、縁深い檀信徒や地域住民の皆さんが、寺を訪れる機会をつくっています。
本堂
毘沙門天像〜祈りの対象〜
 毘沙門天をご本尊とするお寺は極めて限られます。当吉祥院がご本尊としてお祀りする毘沙門天像は、かの有名な行基菩薩が聖武天皇の勅願によって刻まれた尊像です。大田道灌が江戸城西の丸を築いた際に、北方を守る本尊としてお祀りされました。
 その後、文明7(1475)年に当院に寄進され、 ご本尊として安置され、以後、吉祥院のご本尊は永く絶対秘仏として護持されました。近年、武州川口七福神霊場が開創されるのを記念して、奉祀以来、初めて開帳しました。現在では、毎年、正月元旦から10日まで開扉されており、多くの参詣者がご本尊毘沙門天とご縁を結んでいます。
 
交通案内