永代供養塔建立のお知らせ
4月1日(土)より運用はじまる!

亡きみ魂、ご先祖さまをご供養する
 吉祥院ではこのたび永代供養塔を建立いたしました。この3月31日に開眼法会を厳修して、4月1日より運用を始めます。永代供養塔の題字は真言宗智山派管長、総本山智積院化主第71世、小峰一允猊下にご染筆賜りました。また供養塔の壁面には仏画師の牧宥恵先生に十三仏の線描画をお描き頂きました。永代供養する亡きご遺骨を、大日如来をはじめ十三の仏さまに守って頂きます。
 人口減少が進む現代社会で、お墓を守ることが今後ますます難しくなってゆきます。ご先祖さまへ感謝する気持ちを、永代供養という新しいかたちにすることもこれから必要となるでしょう。ご先祖さまからずっと受けつがれてきたお墓を、檀家の皆さんと菩提寺が共にご供養してゆくのがこの永代供養塔です。どうぞお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。