最近の仏事のあり方
心を尽くしたご供養を心がけよう

内々ですます意識を見直そう
 この数年来、お檀家さんのどなたかがお亡くなりになると、多くのご遺族の皆さんが通夜葬儀を「家族葬で行いたい」「内々で済ませたい」と望まれるようになりました。また年回忌法要・ご法事も極めて少人数で、近いご親戚にもご案内しないこともあるようです。亡くなられて間もない三回忌や七回忌でも、ご法事を行わずお塔婆の回向のみということもあります。
 それぞれご事情はあるかと思いますが、通夜葬儀を内々で行えば、故人に親しみを抱いて、縁ある方がお別れの機会を失くしてしまいます。忙しいから、遠方だから、或いは故人の遺志だから。理由は諸々あると思いますが、死を悼みお別れしたい方々への心配りも、今少し大切にして欲しい気がします。
 ご法事も同じように縁深い方々にお知らせして、普段は疎遠の皆さんが顔を合わせ亡き人を偲ぶのが、故人への何よりのご供養につながります。年忌法要を丁寧にしっかり行うこと、それは自身を見つめ直す機会でもあるはずです。