「大般若経」六百巻の一時保管について

その地に住まう人々の願いを叶えるために……
 吉祥院の鎮守は八幡神と伝えられています。その八幡神は現在の横曽根神社に合祀され、地元の皆さんが支える横曽根神社奉賛会によってこれまで守られてきました。その横曽根神社奉賛会より、所蔵している大般若経六百巻と般若菩薩のご本尊さまのお軸を一時的に吉祥院にてお預かり頂きたい旨の申し出がありました。
 かつては川口の横曽根地区に点在する寺院が協力して大般若転読会という大法要を執り行っておりましたが、諸般の事情により現在は休止している状態です。その法要で必要となる経典が、去る4月15日に吉祥院に搬入され、しばらくの間、保管させて頂くこととなりました。いつか大般若転読会が執り行えたらどんなに素晴らしい事かと思います。